上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三浦綾子読書会での森下辰衛氏の講演テープを繰り返し3回目聴いている。
音吉が息子のOtosonを帰化させたかったのは、綾子氏や辰衛が解釈しているよ
うな、
赦しやへりくだりではなくて純粋に望郷の念からではなかっただろうかと私に
は思える。
これは、史実上の音吉の心情への推量であって、文学作品としての海嶺で綾子
氏が言いたかったことの解釈ではない。

スポンサーサイト
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

あにやん

  • Author:あにやん
  • 何でもありのあにやんわーるど。
    でも、写真が中心かな。



      follow me on Twitter


    プロフィール
    ブロとも申請フォーム

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。