上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず最初に、中国へのおみやげと一口に言っても
ケースバイケース、場面によって異なるというが基本です。

親戚付き合いが慣れてくるともらう方は現金が一番喜ばれるようですが、
初めて(結婚の承諾をしてもらうために)ご両親に挨拶に行くときに手土産が現金というわけにもいかないでしょう。

それから、送る相手の家族構成、両親はもちろん祖父母や兄弟の分も忘れないように。
私は最初の訪問のときには、それぞれ宛てに、適度なブランドの香水や財布、ペンや洋酒、ハンカチなどを用意しました。

私の場合、婚姻手続き後実際に来日するまでの間に期間がありましたので、義父の誕生日にベルトを送ったりしました。
それも、自発的にではなくて電話で妻から「お父さんの誕生日ですからあなたはプレゼントを贈ってください。」とアドバイス(催促?)されての行動です。
日本に来てからも妻は春節や父の日母の日、両親や兄弟の誕生日には何かしらの金品を贈っています。

今うちに来ているチャンインの母はお土産用にストッキングをたくさん買い込んだようです。日本で売ってるのは品質がよいらしいです。

スポンサーサイト
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

あにやん

  • Author:あにやん
  • 何でもありのあにやんわーるど。
    でも、写真が中心かな。



      follow me on Twitter


    プロフィール
    ブロとも申請フォーム

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。