上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
利発でニコニコと従順で可愛がられるというのも才能なんだな。
船主の家でも奴隷にされてしまったインディアンの酋長の家でも同じように婿養子にと請われるのが興味深い。
一方で、自分の財産だから迫害して傷つけないようにという考え方は家畜や物品に対するものと同じ、
日本の会社でも一部の傲慢な経営者は社畜を生かさぬように殺さぬように搾り取っている。
このインディアンの奴隷生活ではなんとなく感情移入できるものを感じたのは、
ここでの家族と奴隷が正社員と派遣社員の立場の違いに似ているからだと気づいた。
私は派遣社員あるいは、客先での常駐作業の経験期間が長いが、仕事ができれば扱いは丁寧だし、
逆に、進物などでもらった菓子などを、正社員優先で配布したりしているのを見ると少し情けない気持ちになることもある。
もっとも、そういう行動があったのは、これまでで一例だけだったが。

日本人の勤勉さは中国人と比較しても北米のインディアンと比較しても優れているのだな。

もしもしQさんで、中国人にはない日本人の特性を生かす3つのポイントをあげていた。
第一は物づくりにおける完璧主義
第二に相手の身になってやるサービス精神、
第三にあの人に任せれば大丈夫だという安心感

ハドソン会社の偉いさん達は現地人の妻を娶ることが義務化されていた。
多くは酋長のと結婚して
円滑に統治するための工夫であろう。

ポルトガル人はブラジルでとにかく混血をすすめていった。
そのため「ブラジル人」という融合してできあがった民族ができあがったようだ。

スポンサーサイト
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

あにやん

  • Author:あにやん
  • 何でもありのあにやんわーるど。
    でも、写真が中心かな。



      follow me on Twitter


    プロフィール
    ブロとも申請フォーム

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。