上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
普通のレースだった。

ライコネンの追い上げはすばらしかったが、もしもスタートが3番手だったとしても結果はどうだっただろう?
マシンとしてはマクラーレンが一番速いのは間違いなさそうだが。
最後の16秒差というのは、マシンが壊れないようにアロンソがコントロールしたギャップだから実際の差はわからないね。
力を振り絞ってレースをしていたら、どちらかのマシンかタイヤが壊れていたかもしれないし。

ウィリアムズは元気ないね。
BMWとの決別が決まってからモチベーションが低下しているのかもしれない。
ウェバーとハイドフェルドは互角、マッサとビルヌーブも互角、ラルフよりもトゥルーリの方が速い、モントーヤよりもライコネンの方が速い
となると、ウィリアムズが時々優勝していたのは、ラルフやモントーヤの腕よりもマシンの出来がよかっただけということかな?

BARはときどき非公式ながらコースレコードを更新するくらいだから、かなり出来上がっているようだが、
ルノーやマクラーレンと優勝争いをするまでには至っていないようだ。

琢磨君はオーバーランが痛かったねぇ。
あれがなければ4位入賞だったかも!

バリチェロは何してて9位だったんだろう?
フェラーリのマシンとしての力はこのあたりかもしれないな。
これではシューマッハーの腕をプラスしても3位がせいぜいだろう。

トゥルーリも毎度ながら予選だけ速い。
もう一台の方は予選「も」遅いし。

アルバースは連続完走ならず。だったかな?

ところでアロンソの「青きマタドール」のマタドールって何?
漠然と「お人形さん」って思ってたんだけど、考えてみると変だし(^^;
それじゃ、ただの「ドール」だろう?って。
闘牛士のことかな?

クルサードの回顧で、金のためにマクラーレンに移籍したことを後悔していて、
ウィリアムズに残留していれば、96年のヒルや97年のヴイルヌーブのように自分にもチャンピオンになれるチャンスがあったようなことを言ってるんだけど、
その次の98年と99年には自分と同じマシンを運転したドライバーがチャンピオンになっているんだよ。
これにはどう言い訳をするつもりなんだろう?
確かに96年と97年は(同じくコンストラクターズチャンピオンにマシンに乗りながらチャンピオンになれなかった)アーバインがやっかんでいるように誰が運転してもチャンピオンになれたような強いマシンだったことは否定しないが。

スポンサーサイト

ありがとう

TBアリガトウございます。
佐藤琢磨には毎レース期待してるんですけど中々決勝で良い結果が出ませんね。
次のイギリスGPでは期待しましょう。
Comment

F1フランスGP

フランスにあるサーキット・ド・マニ-クール場で行われたF1フランスGPは4番手スタートの佐藤琢磨だったがレース中にコースアウトなどがあり結局11位だった(>_<)でもBARではバトンが4位に入り今季のBAR勢で初のポイントGETである(-^○^-)
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

あにやん

  • Author:あにやん
  • 何でもありのあにやんわーるど。
    でも、写真が中心かな。



      follow me on Twitter


    プロフィール
    ブロとも申請フォーム

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。