上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070531004620
筆箱の中のちびた鉛筆を削っておくのが、毎日の日課になってしまった。
博愛が自分で削るのも含めると、鉛筆が短くなってゆくのが早い。

毎日使うものなのに、ダイソーや筆箱に付属のもので間に合わせていた。
削った面が毛羽立つので、やはりちゃんとしたものを買うことにした。
電動だと5000円、手回しだと2500円。
手回しの方が好きなので、こちらにした。
三菱鉛筆製、機構は40年前のものと全く変わっていない。
しいて上げれば、芯の先を尖らせるか少し鈍くするかの
切り替えが出来るようになったことくらいか?

外観はちょっとかっこいい。
アカレンジャーのイメージ?
それとも電車?
耳に見立てればトトロか?
スポンサーサイト
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

あにやん

  • Author:あにやん
  • 何でもありのあにやんわーるど。
    でも、写真が中心かな。



      follow me on Twitter


    プロフィール
    ブロとも申請フォーム

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。