上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別にウィリアムズF1チームの話ではなく、
自分が乗っているロードスターの話。

雨の日や坂道を下っているときにブレーキをかけるとスリップするようになったので、危険を感じてタイヤ交換を決意した。
(タイヤよりクルマそのものを新しくすべしという選択肢もあったが・・・)
それで ふれんど整備に今のと同じサイズのタイヤを頼んでおいたら、
ミシュランだったというわけ。
ブリジストンよりも減りが遅いらしい。
最近は、慎重に運転するくせになっていたので(それはそれでよいことかも?)
ちょっときつめにコーナリングしてみたが、なかなかいい感じ。

このロードスターは、1992年末から所有しているので、すでに13年が経過した。

最初のクルマは72年式(チャンインと同い年)のホンダZで、
乗っていたのは84年(12年落ち)の半年間だった。
営業に使っていたこともあって、その半年の間に2万キロを走った。

次の半年はバラードスポーツCR-X1.5iで、やはり2万キロ。
その後に、東京に移り住んだので、留守の間に売却。

しかし、4ヵ月後にはUターンして、たちまち足に困り、セルボを調達。
このクルマは2サイクルのリアエンジンでハンドリングが良く、運転するのが楽しかった。
というか、ホンダZは9000回転まで回るまるでバイクのようなバーチカルツインのエンジンを回すのが面白かったし、CR-Xは峠道を攻めるのが楽しかった。

86年の春に就職して、セルボで自宅から岡山に通い始めたが、
通勤距離が遠くて軽四ではきついので、ディーゼルのゴルフを購入。
82年型で既に10万キロ走破済みだった。
結局、このクルマは92年に手放すまでに更に10万キロを走って、
メーターは20万キロになっていた。
クラッチ、ブレーキ、エンジンの順に壊れていった。
クラッチは修理したが、その後は修理せずに廃棄。
さすがに燃費はよくて、約20km/l。
さらに経由の値段はガソリンの2/3ほどだったので、ガソリン換算だと30km/l相当。
馬力は54HP/DINだったが、トルクは太く街乗りではかなり加速もよかった。
ハンドリングも、ある日夜道で、動物の死骸を見つけて急ハンドルを切ったときに、
自分の腕が上がったのかと錯覚するくらいの反応だった。
このクルマはドイツ車らしくコンチネンタルのタイヤを履いていた。
しかし、最近のディーゼルではないので振動も騒音もけっこう大きかったし、
パワステが付いていなかったので、駐車場で位置を調整するのは力がいった。
エアコンは付いていたが、昔の日本車にあったような三角窓が付いてて、
風を入れながら走るほうが好きだった。
ギアも4速しかなかった。

92年の年末ごろからは今のユーノスロードスター J-limited(当然NA6CE)に乗っている。
その時、候補に上がったのが、1.黄色いシビック 2.黄色いロードスター 3.黄色いビート
レアな順かもしれない。ひょっとしたら黄色いスポーツシビックなんて、限定800台のJ-limitedよりも生産台数が少なかったのではないか?

13年所有しているが走行距離は9万キロ台。
(買ったときは2万キロほどだった)
これは、川崎在住の5年間の空白期間があるのと、
(おかげでエンジンはアルミの錆だらけ^^;;)
長距離通勤にはあまり使用されなかったため。

スポンサーサイト
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

あにやん

  • Author:あにやん
  • 何でもありのあにやんわーるど。
    でも、写真が中心かな。



      follow me on Twitter


    プロフィール
    ブロとも申請フォーム

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。