上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の日経で一部上場企業の持ち株の外国人比率が出ていた。
球団の買収関連で、楽天のTBS株の買占めの背後に
オリックスの名が出たりしていたが、
更にその裏にはオリックスがいて、その株主の60%が外国人である。
M&Aファンドの背後にも、オリックスやら外国資本が居るようだし、
ゴールドマンがライブドアのフジテレビ買収劇に手を貸したのも記憶に新しい。

もしもしQさんは、外国資本を締め出すような政策を、
気の小さい思想として批判していましたが、
私は、日本の資本市場を外国人にいいようにされるのは
あまりよい気分はしませんね。
実際のところ、消費者や労働者にとってどちらがよいかは
一概には言えないとは思うのですが・・・
例えば、乗っ取られて困るのは、いいかげんな経営をしている経営陣とか。
一部、M&Aファンドが指弾しているのは、こういった経営者達の行為ですから。
ただ、その指摘の際に、それ以前に株主だった人たちには関係なく、
その時点での株主で分配してしまったりするのは、長期的な戦略を無視していて、
よくないと思います。
それとも、将来何か新しく事業を展開する時には、内部留保した資金で賄うのではなく、
その時点で調達すべきだでも言いたいのでしょうか?
(現存の利益を自分の懐に取り込むための詭弁にすぎないでしょうけど)

中国人に比べると日本人は排他的国民です
http://www.9393.co.jp/moshiq/kako_mos/2005/05_1106_moshiq.html
日本と並び、日本を追い越す体制へ
http://www.9393.co.jp/moshiq/kako_mos/2005/05_1107_moshiq.html
共産主義は排他的で気の小さい思想ですが、
中国人はプライドは持っていても、
排他的でも気の小さい国民でもありません。
だから、役に立つものなら何でも受け入れます。

スポンサーサイト
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

あにやん

  • Author:あにやん
  • 何でもありのあにやんわーるど。
    でも、写真が中心かな。



      follow me on Twitter


    プロフィール
    ブロとも申請フォーム

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。