上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小泉純一郎と日本の病理 Koizumi's Zombie Politics
光文社ペーパーバックス 藤原 肇 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334933688/aniyannoheya-22/

「四千万歩の男」を読むのを中断して、今日から読み始め。

ベンジャミン・フルフォードも引用されているが、
「噂の眞相」が休刊になっている今、
日本でこの手のジャーナリズムが生きているのは、
鹿砦社と光文社ペーパーバックスのシリーズくらいであろう。

通勤電車の中で読めたのは、イントロと目次だけだが
この20年ほどの間に日本が陥っている構造的な病理と
小泉政権がなぜ指示されているのかという状況を、
客観的な事実と歴史的な相似性から解き明かしている。

スポンサーサイト
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

あにやん

  • Author:あにやん
  • 何でもありのあにやんわーるど。
    でも、写真が中心かな。



      follow me on Twitter


    プロフィール
    ブロとも申請フォーム

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。