上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10 24
2005

これは、映画なのかな?それともテレビのスペシャル番組?
あまり古い時期に作成されたものではないようだし・・・

このビデオを借りようと思ったきっかけは
最近、松本清張に凝って、「点と線」「ゼロの焦点」と有名な作品を読んできて
次はぜひ「砂の器」を読みたいと思っていた。

それと
キネマ旬報の「容疑者 室井慎次」の批評の中で、
踊る大捜査線ムービーについて触れて、
「天国と地獄」や「砂の器」のパロディをやっている個所があると
書かれていた。
それもあって、黒澤明の「天国と地獄」と「砂の器」を借りてきた。

クライマックスの容疑者と刑事のやりとりは圧巻である。
さすがに演技力のあるよい俳優を配している。

でも、田中邦衛の演技はちょっと過剰なところがある(^^;

今気づいたけど、この「邦衛」という名前、それぞれ私と弟の名前の
最後の字が並んでいる。

しかし、あれだけたくさんの要素のある長い小説を2時間にまとめるのは、
少し無理があるようで、チャンインだけでなく、私もちょっと
消化不良気味だった。

映画にして無理があるように感じたのは、ハリーポッターもそうだった。
原作を読んでから見ている私はともかく、そうでなしに見ていては、
何がなんだか理解するためには2度以上見ないと解らないのではないだろうか?
もちろん、理解能力にもよるんだけど(^^;;

推理小説の謎解きという面も含めて、映画よりも
先に小説を読んでおけばよかったなという気持ちも出てきた。

テレビのシリーズは6巻くらいのDVDになっていたようだ。

追記
映画で有名なのは74年の丹波哲郎と加藤剛のもののようだ。
こちらも見てみたいと思う。
スポンサーサイト
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

あにやん

  • Author:あにやん
  • 何でもありのあにやんわーるど。
    でも、写真が中心かな。



      follow me on Twitter


    プロフィール
    ブロとも申請フォーム

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。