上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと勘違いしてた。

モントーヤのはミスではなくてピッツォーニアに追突されたのだった。
これはレース中のアクシデントなので、まあ「ついていない」としてもよいだろう。
それ以外の、今シーズンこれまで起きているタイヤのバーストや
エンジンのトラブルなどはマシンの問題であって、運不運というわけでもないと思う。

もうひとつ書き忘れてたのが、BARのタイヤ選択ミス。
以下は想像なんだけど・・・・

琢磨は自分が走っているんだからウェットがいいかドライに変更するほうが
よいかの意思をきっちりとチームに伝えたらよいのではないか?
もしや前回の給油トラブルといい、自分の考えを伝えることを遠慮するような
日本人っぽさが出ていたというようなことはなかったのだろうか?

それにつけてもBARのお粗末なチーム戦略。
マシンはよい出来なんだから、やるべきことをきちっと決めようよ。
ニック・フライを更迭して、デビッド・リチャーズを呼び戻すほうが
いいんじゃないの?

ホンダも資本を引きあげて、ウィリアムズあたりにでもエンジン供給するように
切り替えるのが正解なんじゃない?

勝ち方を知っている(優勝経験のある)チームとそうでない
チームとでは差がかなり大きいように感じます。

BARって、全然結果が出ていないでしょう。
去年のコンストラクターズ2位という成果はあるけど、
普通2位になるくらいだったら一度くらいは優勝していても
いいんじゃないのかな?

スポンサーサイト
Comment

F1ベルギーGPライコネン優勝

11日F1第15戦であるベルギーGPがベルギーのサーキット・ド・スパ-フランコルシャンで行われマクラーレンのK.ライコネンが優勝してアロンソの年間王者決定を止めたがアロンソが2位に入りアロンソがさらに有利になった事は間違いないホンダの琢磨はリタイ...
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

あにやん

  • Author:あにやん
  • 何でもありのあにやんわーるど。
    でも、写真が中心かな。



      follow me on Twitter


    プロフィール
    ブロとも申請フォーム

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。