上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰宅したら、チャンインが

「私、名前決めましたよ!」

決めた決めた って、お前、それって何回目だよ。
という突っ込みをしたいのを横において、テーブルを見ると。

「森下信喜子」

うっ・・・・読めない・・・
いや、読み仮名がちゃんと振ってあるのだが

「もりしたまさよしこ」

絶対に読めそうにない。

前回の「喜子」と書いて「よしたか」のときもそうだったが、
今回も、しっかりと辞書を引いて読み方を調べたそうだ。

こんな変な名前、絶対に日本人じゃない・・・。
にわか日本人の中国人だったら付けそうな名前だけど(^^;;

北京のホテルの部屋にあった金庫の説明書に
「開める。」と書いてあったのを思い出してしまった。
・・・うぅ・・・読めない・・・。

昨日、「喜子」で決まっていたのではなかったっけ?
一時は、娘から1字をもらって、
「喜栄(よしえ)」もいいかなとか言ってた。

親から1字もらうのは珍しくないけど、
子供からもらうのは珍しいでしょう。

こうなったら、法務局に行くタイミングの思いつき(気分)で付けた名前が一生ついて回るに違いない。
まぁいっか。

この人の言ってることは、気まぐれでくるくる変わる。
毎回、間に受けて真面目につきあっていると、
こっちが振り回されてしまう(^^;

それならそれでいいではないか。
呼び名なんて、しょせん識別子にすぎない?

スポンサーサイト
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

あにやん

  • Author:あにやん
  • 何でもありのあにやんわーるど。
    でも、写真が中心かな。



      follow me on Twitter


    プロフィール
    ブロとも申請フォーム

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。