上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070227064028
「ふぅっ」と一気に消しました。
スポンサーサイト
20070223025408
赤色のプラスチックの色があまりにもひどいので、
コンプリートするのはよそう。
と思っていたのだけれど・・・
結局、全部集めてしまった(^^;

あまり出来はよくありません。
120円のおまけで、プラスティック製なので仕方ないですが・・・
300SLあたりは、造形・色ともになかなかです。

最近、コンビニのカンコーヒーは、
低価格競争モードに入ってしまって、
ミニカーを付けるのは、止めてしまったのかと思っていましたが、
そううわけでもなかったようです。
BOSSにはフィギュアが付いているし。

しかし、コンビニでミニカーを集めようと思ったら、
何店もの店をこまめに毎週のぞく必要があります。
1週間もたつとすっかり無くなってしまっていることが
よくあるからです。
2月21日
先週の金曜日あたりから、鼻がシューシュー言ってるんだけど、
くしゃみも出るし・・・でも、風邪とは違うような・・・。
今日は、目もホチホチするんだけど・・・これは単なる寝不足かな?
心配なのは、ひろのりも鼻をズーズー言わせていること。
花水はぜんぜん出ていないのに・・・。

2月22日
今日はいちだんとひどい!
すでに20年来の花粉症を患っている母さんに聞いてみたら、
やはり、今日はひどい状態だったそうだ。
間違いない。
まだ2月なのにぃ・・・。
この先、2ヶ月ほども続くのか・・・ちょと憂鬱。

ところで、花粉症って、年を取ると症状がゆるくなるの?
母(70歳)は、あまり改善されない。
でも、20年ほど前はもっとひどかったから、多少はよくなってきている。
そうだ。
当時は、まさか自分がかかるなどとは思わず、
適当に聞き流していたのだが・・・・(^^;;;;

突然にやってきたのは一昨年。
去年は少し楽だった。
今年はどうなんだろう・・・・。
杉の木のない地域に引っ越したい・・・。
まるでジェシカ・アルバのようなナイスバディの上に
ブスでもないけど平凡な普通の顔が乗っかっているのが気になって、
じっくり見てみた。

事前と事後の写真が何組か載っているんだけど、
どうも、事後の方が足が長く見える。

よく見あたら、
事前は素足で撮影しているのに、事後がハイヒール履いてる!

他にも
事前:むっつり   事後:笑顔
事前:長くて多い髪 事後:髪は括ってスッキリ
カメラに対して、体を斜めにしている角度が違う。

という特徴があるのを発見した。
「農家にボランティア派遣」という記事が昨日の日経地方版に載ってた。

参考:
山口県 NPO法人「学生耕作隊」理事長 近藤 紀子
http://www.chushi.maff.go.jp/joho/genchi/18women1/e05.htm

この記事の中にあった一文が目にとまった。
「中山間地域のコミュニティーが崩壊の危機に瀕していることだ。」

自分も、実感していることだからだ。

うちの近くでも農村の高齢化の問題は深刻で、
昔からやっていることを、そのまま継承してやろうとして、
いろいろな面で無理が出てきている。

例えば、老人の一人暮らしの世帯でも、昔の大家族の頃と同じように、
一軒の家として部落(最近では町内会と呼んでいる)のつきあいに参加している
ので、昔だったらとうに隠居していて、若い世帯主が共同作業に出るような場面
でも、痛い足をひきずりながら参加している。

村の神社の祭りにしても、過疎高齢化で世帯数の少なくなってしまった部落にも、
従来と同じように当番を割り当てている。
さすがにこれは金銭負担などの面でも無理があるので、話し合いで調整している
ようだが、神社の裏山の作業区域などは、昔の割り当てのままだ。

棚田もずいぶんと荒れてきている。
棚田は、石垣の補修(メンテナンス)も必要だが、
田んぼは草ボウボウ、これも早い時期に耕さないと、
復活させるのは、年々難しくなる。
最近、棚田保全組合というのが発足したが・・・
半分官製でやっていることなので、
どんなことになるものだか・・・。

自分達で考えたり、行動していかなくては。

20070217051041
20070217051040
サークルK/サンクスで売ってるKYOSHOのシリーズ。
このシリーズは、塗装がきれいでモデルとしてかなり上質なので好き。

でも、シリーズも2弾、3弾ともなると、
人気のある車種は先に採用されてしまっているので、
あまり有名でない(人気の低い)モデルになりがち。

「試しに1台」という買い方をよくするのだけれど、
最初に買ってみた、このシリーズはポルシェの2弾で、
車種は944の銀色だった。
そのときに、塗装の美しさにすっかり感心してしまった。

360円で売ってたのをいつの間にか(調子に乗って?)
450円に値上げしてしまったコナミ(だったか?)とはえらい違いだ。
同じクオリティの商品のシリーズなのに・・・・
あれは、ひどかった。

それで、今回の運試しは、黄色のデイトナ!
箱の裏に印刷されているラインナップを見ても、
これが一番欲しいモデルだ。
他のが入っていたらガッカリ賞だっただろう。

箱の中が見えないというのが、余分に買わされてしまいかねない
恐れを孕んでいるのだが・・・・
でも、中身が見えていてもタミヤの赤いロードスター945円は、
未だに買えないでいる。
いつまで、矢掛の東町のローソンで売れ残っていることだろうか?
あれが、黄色だったら即買いなのに(^^;;
20070217051106
今日の晩ご飯は、鰈の焼き物と豚汁。
この鰈、2枚で220円だったそうな。
美味しかった。
20070217040831
今日は参観日だった。
午後は午後で、小学校の入学説明会があったので、
有休を取って行ってきた。

給食前には、手を洗って、ちゃんと着席して、じっと待っていた。
うちでの普段の行動からは、とても信じられない出来事だった!
もしかして、参観日だったので、いつも以上に「いい子」にしてたのかな?
と思ったが、先生の話からするとそういうわけでもないようだ。

小学校の入学説明会では、新一年生の生活の心得などのお話があった。
美川小学校では、元気貯金というのをやっている。
そのうちの一つの項目が
歯磨きは3分間しましょう。だって。
夜に試しに時間を計ってみたが、終わったと思ったら、
まだ1分15秒しかたっていなかった。
更に続けて、もういいだろうと思ったところで、2分15秒。
歯磨きの3分はけっこう長いが、それだけやれば、
歯垢はかなりきれいに取れるだろう。

小学1年生だと、睡眠時間は10時間。
朝6時半に起きるとしたら、夜は8時半には寝ないといけないことになる。
最近のひろちゃんは、ほぼそれくらい。
幸栄は、寝るのが少し遅いので、寝起きはあまりよくない(^^;

ところで、ママは、今日(2/16)は、有休を取ってどこかへ出かけたらしい(-_-#
生活費を渡すと、すぐに遊びに行くんだから・・・まったく!
20070217040926
朝、出かけようとしたら、
玄関先に小鳥が死んでいるのを見つけた。

とりあえず写真を撮っておいたのだが、
色はウグイスのようだが、やや大ぶりな感じがする。

ひろのりも出るときに見つけて、
バスに乗るまで「かわいいねぇ。」
と遊んでいたらしい。

その後でじいちゃんは、もしかしたら
鳥インフルエンザ!?
と思って、土に埋めたそうだ。

ひろちゃんは、帰ってきて、
それを聞いても特に何も言わなかったらしい。
20070209052549
パパが買ってくれた「世界の国旗」という本がお気に入りで、
毎日、送迎のクルマの中で見ています。
(自閉症の子は、文章や言葉よりも視覚からの刺激を好むようです。)

その中から、気に入ったジャマイカとスウェーデンの旗を
じいちゃんに作ってもらいました。
色塗りくらいはと、ひろにやらせようとしたらしいのですが、
やろうとはしなかったようです。
(自信がないのかなぁ?)

さっちゃんは、オリジナルのハートの旗と花の旗を作ってもらいました。
メルちゃん人形はお気に入りで、片時も側から離しません。
悲しい時「かなしとき」

ロードスターの屋根が、バリンと割れてしまった(T-T)

ジュンテンドーで、特売品の棚を買って、
お店の人が運んでくれたので、
小雨も降っていたことで、急いで乗せようと、
あわてて、屋根のロックを外して、
勢いよく、ガバッと開けたら、
「バリン」と音がして、透明ビニールのリアウィンドウが割れてしまった。
おそらく、寒くて硬くなっていたのが敗因だろう。
夏の日向だったら、グニャっと柔らかく曲がって事なきを得ていたはずだ。

何ヶ月かに一度、5980円の棚を4980円にしていることを知っていて、
狙って買いに行ったのだが・・・・
結局のところ、代償が高くついてしまった(T-T)

仕方がないので、とりあえず、家に帰ってすぐに
チャンインに手伝ってもらって、ハードトップを載せた。
(ハードトップを持っていてラッキーだった。)
ハードトップを載せるのは10年ぶりくらいだろうか?
ずっと、ほこりをかぶって、納屋の隅に置いてあった。

ひさしぶりに、ハードトップを載せると、
やはり頭が重い(ような気がする・・・)
コーナリングのときに、軽快感が損なわれているように感じる。
15kgくらいかな?
それだけのマス(重量)が、一番高いところに付くのだから、
ロールに影響が出るのは当然といえば当然。

カーステの音がよく聞こえるような気がする。
さすがに音場がよくなった?

後ろが明るい。
バックミラーでの後方視界もよくなった。
それと、どういうわけだか、改めて
オープンカーの暖房は強力だなと感じた。
手をかざすと熱い。

昨年の水稲施肥計画のメモが出てきた。

元肥(すきこみ)
GO(シーオー)264号 20kg
苦土重焼燐        20kg
珪酸加里         30kg
米ぬか       ありったけ全部
PK化成40号      20kg
なたね粕         10kg

追肥は(7月末頃)
フォックス444号    40kg

さて、今年は・・・と。
学園バスを降りると、ひろちゃんはカーナビになりました。
いつもは右に曲がって、田んぼのあぜ道
(クルマが通るのにあぜ道はおかしいですね。農道と言っておきましょう。)
を通ってさっちゃんを迎えに行くのですが、
じいちゃんが右に曲がろうとすると、
「まっすぐ行ってください。」
坂を上がって、交差点で右に曲がろうとすると、
ひろ「左に曲がってください。」
じじ「左に曲がるの?」
ひろ「そうよぅ」
そして、
小田のセブンイレブンへ行って、
おでんとスパゲティ・カルボナーラと買ってもらいました。

どこかで、「杜氏春」という記述を見つけ、えっ?「杜子春」じゃなかったっけ?
と思って調べたら、やはり「杜子春」だった。
その次の日にダウンロードした ききみみ名作文庫 が 杜子春 だった。
これって、シンクロニシティ?

小学生の頃に、子供向けの本で読んだのとは、ちょと違って
さすがに芥川龍之介ともなると表現が文学的。
やや大げさな描写もあるけど、その場の光景がビジュアライズされる。
翡翠とか瑪瑙(メノウ)とか言われても、小学生ではピンとこなかったかも?

子供心に強烈な印象を残した話だったので
あらすじは覚えていたのだけれど、この作品が言いたかったのは、
世間の人々の薄情さと、親の無償の愛情の深さだったか。
と。

親の恩と、自分の子供達への思いが
思い合わされてきた。
これは、さすがに小学生の頃には浮かばなかった感想だ。

ききみみ名作文庫
http://reco.jfn.co.jp/podcasts/tokyo/kikimimi/

よその柿の木の剪定状態を見てみると、どうも先っぽを切り飛ばしている。
近所のおじさんに尋ねてみると、枝がたくさん広がっていると、
それらの全部に実がついてしまうので、大きな実を少なく実らせるために、
あまり伸ばさないように剪定しておくのがよいということらしい。

だいたい、よその柿の木を同じ雰囲気になるように摘んだつもりなんだけど、
元々が、何十年も剪定などしないで樹勢に任せて枝を伸ばしていたので、
可笑しな樹形になってしまっている(^^;

今年の収穫が楽しみだね。

だいたいは、柿の実を採るときに、いくつも成っている枝をまとめて切ったりし
ていたのだけれど、あれはあれで理にかなっている切り方だったわけなんだ。
なるほど。

DSCF2042.jpg

あにやん

  • Author:あにやん
  • 何でもありのあにやんわーるど。
    でも、写真が中心かな。



      follow me on Twitter


    プロフィール
    ブロとも申請フォーム

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。