上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KDDI(AU)の音楽携帯なんて、全然ダメでしょ?
Appleと上手に組んだところが勝ちだと思うけどなぁ・・・。

iPod携帯投入構想の誤算
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20060525/102505/
スポンサーサイト
宝探し アクション物

とりあえず半分まで観たところだけど、
サハラ-死の砂漠を脱出せよ-と似たような映画。
砂漠ではなく北極の氷の中に、
南北戦争時代ではなく独立戦争時代の船が埋まっている
というくらいで(^^;

あまり頭を使わずに通勤電車の中で楽しむにはちょうどよい。

主演 ニコラス・ケイジ

泣けた。

映画ではなく、原作の小説でもなく、漫画版なんだけど・・・

しかも、通勤電車の中で読んでてハンカチで涙を拭ってしまった(^^;

映画(ビデオ)で見たときも泣いた。

もう一編、「ラブレター」という、短編集「鉄道員」にも含まれている
中国人女性との偽装結婚を扱っている小説も入っているんだけど、
こちらもおすすめです。これも日本と韓国で映画化されています。

携帯をプリペイドにした。

サンクスでプリペイドカードを売っていたので、
札を持っていって、レジで
「どの金額の種類も(在庫が))ありますか?」と尋ねたら、
「ありますよ。」との返事だった。

てっきり、スクラッチ式のカードがもらえると思ったら、
レジで番号を書いた紙を印刷して渡してくれた。

確かに、使用者には番号が渡ればよいだけなので、
こういう方法もありなんだな と感心した。

スーパーマンのマントをまとって表彰台に上がったクルサードがクール(^^;

ウェバーは惜しかったなぁ・・・。

ホンダはシャシーがダメなんだろね。

シューマッハのは、裁定はクロだったけど、彼の前歴から見てもかなり怪しい。
本気で走れば、あれだけ速いのになんであんなことするんだろうね?
勝利への執念、結果への執着?
そういえば、セナもプロストもお互いに絡み合わせて、自分のチャンピオンシップを決めた年があったな。
チャンピオンシップを掴むということは、そういうことなのかもしれない。

速いほうのドライバーが、チームメイトに対する差を見せつけた。

アロンソはおめでとう。
メルセデスは壊れて、ミハエルは墓穴を掘ったという幸運があったにせよ。
クルマを壊させないように走らせることができるし、
速く走ることもできるドライバーなんだろね。
どちらかというとプロストに近いタイプかも。

ライコネンは予選の1回目と2回目では13秒台を出していたし、
シューマーハーも含めて、この3人はほぼ互角であったと思える。

面白かった。

はらはらさせながら、意外などんでん返しもあり
楽しめた。

前作の11と違って、爆弾魔や軽業師など各メンバの能力を発揮する場面が見られず
メンバが埋没してしまっているのが残念。
こんなんじゃ出演者が怒らないかい?

監督 ソダーバーグ
出演 ジョージ・クルーニー、キャサリン=ゼタ・ジョーンズ 他

【追記】
今、思い返すと★印をつけるほどの映画じゃなかったように思うんだけどなぁ・・・。
私は、11の方が楽しめた。

あにやん

  • Author:あにやん
  • 何でもありのあにやんわーるど。
    でも、写真が中心かな。



      follow me on Twitter


    プロフィール
    ブロとも申請フォーム

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。