上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今の状況だと半年くらいで、結果が出るでしょう、そして
「結果」と言っても、おそらくは合格でしょうとのことでした。

帰化申請中の注意点としては、

1.国外に出る場合は連絡すること。
出国中に帰化が認められると、その時点から(中国の)パスポートが使えなくなって、
帰国(再入国)できなくなるから。というのが理由。

2.親族や住所などが申請した時と異なる状態になったときには連絡をすること。
たちまち、義母が離婚&再婚するというので、
それに関して何か提出する必要があるかどうかという相談をした。
(前回、相談に行ったとき=8月8日には、そういう話は勃発していなかった。)
ちなみに中国では、婚姻および離婚に際して姓名が変更になることはないので、
母の離婚&再婚はチャンインの新戸籍に記載する情報には影響はない。

最初に法務局に相談に行ったのが1月7日だったので、
申請受理までに10ヶ月もかけたことになります。
その間に法務局に行ったのは都合4回かな?
うちは、書類集めなどをダラダラとやっていたのでこんなにかかりましたが、
さっさとやればこんなにかかることはありません。

これが認められれば、日本人「森下喜子」さんの誕生です。
スポンサーサイト
帰化申請の最後に用意する書類である、国籍証明書を取る段階になって。
「やっぱりやめたい」などと言い出した。
マリッジ=ブルーにも似ている。

「そんなことは、手続きを開始する前に決めておけよ!」
というのが、私の正直な気持ち。
何度も会社を休んで法務局に出向き、中国のお義父さんには何種類もの書類を
作成してもらい、
役場では何種類もの書類を発行してもらって、自分でも履歴書やら理由書を書
き、
私は、住宅近辺の地図や事業の状況や資産状況の書類を書いて、やっと、あと
は国籍証明書を入手するだけという段階になってのこの優柔不断。
自分のあいまいさやいいかげんさや約束を履行しないことが回りの人間をどれ
だけ振り回しているか、
全く自覚していない!

もっとも、この事態が起きる予兆は、華僑総会の旅行から帰ってきたときに見
えていた。
「やっぱり日本の国籍に入るのやめようかな。」
そのときは、「何で今さら、天津のお義父さんにもあれだけ書類を用意しても
らって、何を考えているの?」
と言ったら、「やっぱり帰化申請をする」という結論になったのだけれど、そ
の時にもう少し徹底的に
本人が納得するまで煮詰めておけばよかったと少し後悔。

永住と帰化の選択
うちの場合は、利便性という尺度による選択基準はほとんど影響しない。
海外旅行には今のところ行く予定はないし、頻繁に海外に出かけるようになる
予定もない。
選挙に関しては無関心なくらいなので投票権に対する要請もない。
将来、中国に帰って住む気持ちは全くないので、帰化してもさしつかえない。
お金がないので中国にマンションなどの資産を持つ予定もない。
これ以外の年金、税金、健康保険などは帰化でも永住でも変わらない。
住民票に名前が載らないのもどうでもよい話。

このように利便性や利害得失による尺度はほとんどないのである。
となると、最後の選択基準は個人(本人)のアイデンティティだけということに
なる。

そこへ
岡山華僑総会に出向いて、手続きしようとしたときに確認された言葉。
「後悔しないですか?」
ここであらためて考えたらしい。
そして私に電話をしてきた。
「私は中国人なのに、日本の国籍になるのは・・・・」
電話で長話をする話でもないので、数日考えなさい。
と伝えて電話を切った。

ずっと国内に住んでいて海外に住もうとか思ったことのない人は、
直面することのない話題だろうと思います。
(私もそうです)
今、自分が「何国人である。」というアイデンティティに直面しているチャン
インさんでした。

20050816072703
97年12月の天津の夜市の様子です。
赤や青のネオンが派手だった印象があります。
中国では偽札はババ抜きのババのようなもの。
掴まされてしまっても、また誰かに掴ませればおしまい(^^;;

中国では結婚記念に写真館で豪華なアルバムを作ります。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/aniyan/kokusai/shasin.htm

そして、たたみ一畳ほどもあるような大きな写真を寝室に飾ったりします。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Desert/7532/tenjin5/24/tj1024c.htm



あにやん

  • Author:あにやん
  • 何でもありのあにやんわーるど。
    でも、写真が中心かな。



      follow me on Twitter


    プロフィール
    ブロとも申請フォーム

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。