上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このグランプリの勝者はブリジストンだな。
トヨタやトロ・ロッソやスーパーアグリも速かったし。

タイヤの構造を新しくしたとか。
モナコと並んでF1としては、特異は特性のサーキットなので、
今後のレースでも同様の結果になるかはわからないけどね。

スポンサーサイト
スーパーマンのマントをまとって表彰台に上がったクルサードがクール(^^;

ウェバーは惜しかったなぁ・・・。

ホンダはシャシーがダメなんだろね。

シューマッハのは、裁定はクロだったけど、彼の前歴から見てもかなり怪しい。
本気で走れば、あれだけ速いのになんであんなことするんだろうね?
勝利への執念、結果への執着?
そういえば、セナもプロストもお互いに絡み合わせて、自分のチャンピオンシップを決めた年があったな。
チャンピオンシップを掴むということは、そういうことなのかもしれない。

速いほうのドライバーが、チームメイトに対する差を見せつけた。

アロンソはおめでとう。
メルセデスは壊れて、ミハエルは墓穴を掘ったという幸運があったにせよ。
クルマを壊させないように走らせることができるし、
速く走ることもできるドライバーなんだろね。
どちらかというとプロストに近いタイプかも。

ライコネンは予選の1回目と2回目では13秒台を出していたし、
シューマーハーも含めて、この3人はほぼ互角であったと思える。

ちょっと勘違いしてた。

モントーヤのはミスではなくてピッツォーニアに追突されたのだった。
これはレース中のアクシデントなので、まあ「ついていない」としてもよいだろう。
それ以外の、今シーズンこれまで起きているタイヤのバーストや
エンジンのトラブルなどはマシンの問題であって、運不運というわけでもないと思う。

もうひとつ書き忘れてたのが、BARのタイヤ選択ミス。
以下は想像なんだけど・・・・

琢磨は自分が走っているんだからウェットがいいかドライに変更するほうが
よいかの意思をきっちりとチームに伝えたらよいのではないか?
もしや前回の給油トラブルといい、自分の考えを伝えることを遠慮するような
日本人っぽさが出ていたというようなことはなかったのだろうか?

それにつけてもBARのお粗末なチーム戦略。
マシンはよい出来なんだから、やるべきことをきちっと決めようよ。
ニック・フライを更迭して、デビッド・リチャーズを呼び戻すほうが
いいんじゃないの?

ホンダも資本を引きあげて、ウィリアムズあたりにでもエンジン供給するように
切り替えるのが正解なんじゃない?

勝ち方を知っている(優勝経験のある)チームとそうでない
チームとでは差がかなり大きいように感じます。

BARって、全然結果が出ていないでしょう。
去年のコンストラクターズ2位という成果はあるけど、
普通2位になるくらいだったら一度くらいは優勝していても
いいんじゃないのかな?

録画していたビデオを再生しはじめるとスタートして1週目だった。
選挙速報の関係で遅くから始まる放送に合わせて録画時刻をセットしていた
はずなのだが、どうやら放映開始時刻を繰り上げたようだ。
視聴者にとっては迷惑な話だが、放送局もスポンサーのつかない
時間帯の放送はなるべく早く切り上げて放送終了したいのかもしれない。

【追記】
これは単なる勘違いだった。
録画したテープを全部巻き戻さないで再生していたようだ(^^;;

そして
何があったのかわからないけど、琢磨が6位を走っている!
アグレッシブな走りをしているので期待しながら観戦していたものの、
結局はシューマッハに追突してのリタイヤに終わってしまった。
残念そうなシューマッハのコメントで、
「彼に関しては今度のが初めてじゃないしね。」
と言われているのがキツイ。
バトンがすいすい追い抜いているところを見ると、
今回のBARのマシンにはかなりの戦闘力があった様子だけに惜しい。

ガラス細工の最速マシン マクラーレン。
今日のは故障ではなくて、モントーヤのミスだろう。
それにスパウェザーで、フィジケラもクラッシュしているし、
だから、アナウンサーの言ってた「今シーズンのマクラーレンはついていない。」は
今回のレースに関しては、あまり当てはまらないと思う。
前戦では、モントーヤのタイヤは最終ラップまでしっかりもって、
ちゃんと優勝できたしね。

それにしても、ライコネンもアロンソも強い強い。
チャンピオンになるのはこういう人たちなのだろう。
同僚の後塵を拝しているような者は勝つことは出来ても、
ヒルやビルヌーブように誰が乗っても勝てるを陰口を叩かれるくらいの
マシンに恵まれない限りチャンピオンになるのは無理だ。
ウィリアムズからマクラーレンへと常に優勝できるマシンに恵まれた
クルサードしかり、バリチェロやアーバインしかりだ。

ラルフはタイヤチョイスのギャンブルに失敗して、
平凡な順位で終わってしまった。

モンテイロの開幕連続完走にはポイントのおまけまでついた。
おめでとう。

しかし、琢磨も自分が運転しているんだから、
満タンか中タンか空ッケツなんだか区別がつくだろうに?
なんで、そういうことになるのだろう?

給油担当者にしたって、どのくらいの燃料が送り込まれたか手ごたえで
判ると思うのだが・・・・。

状況は複数ソースから判断すべきであって、
チームの総合力の問題だろう。
単純にソフトウェアだけのミスとは言えないと思う。

佐藤琢磨、ガス欠どころか満タン状態だった?
http://fmotor.nifty.com/f1/2005/09/post_9928.html

あにやん

  • Author:あにやん
  • 何でもありのあにやんわーるど。
    でも、写真が中心かな。



      follow me on Twitter


    プロフィール
    ブロとも申請フォーム

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。